サンマイルド建物用
サンマイルド オプトロン
豊富な実績を誇るリンテックのサンマイルド
カーフィルムは、デザイン性と機能性を兼ね備えた高品質なカーフィルムです。簡単施工でマイカーの窓ガラスを自在に着色できるカーフィルム。しかし、永年培った技術に裏づけられたリンテックのカーフィルムは、ガラスの着色だけでなく、車内の空調効率の向上やUVカットなど、快適な車内環境の実現に大きく寄与します。
サンマイルドカタログ

2007/11「バツグンの効果」透明断熱フィルムIR-25HDをリニューアル!!

日射テスト掲載中改良箇所/粘着剤 改良効果/クリアー性の向上、平滑性の向上作業性/施工直後の白濁現象がなくなりました。

デザインだけでない、カーフィルムのさまざまな性能

サンマイルドカーフィルム 快適な車内環境の実現

Point.1 透明性を損なわない独自のIR遮蔽コートで高い断熱効果を実現T・C Type(着色断熱タイプ/染料)、C・P Type(着色粘着タイプ/顔料)、T・F Type(透明断熱タイプ)は、透明性を損なわない独自のIR(Infrared Radiation: 赤外線)遮へいコートにより断熱性を向上させています。目に見えない赤外線域を中心に日射を大幅に吸収することで、可視光線透過率を維持しつつ高い省エネルギー効果を発揮します。

【対象アイテム】 T・C Type  C・P Type T・F Type

【特徴】 透明性、車内からの視認性  優れた断熱効果

【太陽光線の組成とカーフィルムの機能】

紫外線 波長領域280〜380nm。人体への悪影響や、室内調度品の退色などの原因となる光線。当社のカーフィルムはすべて、この紫外線を99%以上カットします。
可視光線 波長領域380〜780nm。人間の目に見える光線。太陽エネルギーの約45%を占め、これをカットすることでフィルムの断熱効果は向上するものの、透明性は低くなります。
近赤外線 波長領域780〜2,500nm。人間の目には見えない光線。太陽エネルギーの約50%を占める熱的作用の大きい光線で、これをカットすることでフィルムの透明性を保ちつつ、断熱効果のみを向上させることができます。
PAGE TOP

Point.1 透明性を損なわない独自のIR遮蔽コートで高い断熱効果を実現T・C Type(着色断熱タイプ/染料)、C・P Type(着色粘着タイプ/顔料)は、着色材料を直接練りこんだ原料でPETフィルムを製膜するため、透明PETフィルムへの2次加工による着色とは異なり、フィルム全体が均一に着色され、高品質なカラーを実現しています。またフィルムが染色加工(2次加工)による熱ダメージを受けないため、安定した熱収縮特性を実現します。

【対象アイテム】  T・C Type  C・P Type

【特徴】 色の耐侯性、耐熱性 安定した熱収縮特性

従来の着色フィルム 原着タイプの着色フィルム
PAGE TOP

Point.1 透明性を損なわない独自のIR遮蔽コートで高い断熱効果を実現M・C Type(メタリックタイプ)は、従来の片面着色フィルムとは異なり、アルミ蒸着層の両面に着色(染料/顔料)加工を施すことで、高級感のある風合い、メタリック感を実現しています

【対象アイテム】  M・C Type

【特徴】 高級感のある風合い、メタリック感

PAGE TOP

着色断熱タイプ

車内からの視認性や色の耐侯性、耐熱性に優れた染料原着(原料着色)タイプ(T・C Type)、顔料原着タイプ(C・P Type)の着色フィ ルムです。さらに独自のIR(Infrared Radiation:赤外線)遮へいコートを施すことで、断熱性を向上させています。

T・C Type 光学的性能
染料原着タイプ カラーの目安 可視光線
透過率
(%)
紫外線
透過率
(%)
日射 遮へい
係数 
反射率
(%)
吸収率
(%)
透過率
(%)
GY-5IR 7 <1 6 55 39 0.66
GY-15IR 15 <1 6 51 43 0.69
GY-30IR 30 <1 6 44 50 0.74
GY-45IR 45 <1 6 37 57 0.79
BR-15IR 15 <1 6 51 43 0.69
PAGE TOP
C・P Type 光学的性能
顔料原着タイプ カラーの目安 可視光線
透過率
(%)
紫外線
透過率
(%)
日射 遮へい
係数 
反射率
(%)
吸収率
(%)
透過率
(%)
SMKC-25IR 5 <1 4 79 17 0.5
SMBC-25IR 10 <1 5 70 25 0.55
SMGC-25IR 16 <1 5 65 30 0.59
SMDC-25IR 26 <1 5 60 35 0.63
SMLC-25IR 45 <1 5 47 48 0.73

上記データは「自動車窓ガラス用フィルム JIS S 3107」に基づき測定した実測値であり、保証値ではありません。
遮へい係数とは、太陽光線の室内への流入熱量をあらわす相対値で、3mmフロート板ガラスを1.00とし、ガラスに各フィルムを貼ったときの数値です。

PAGE TOP

透明断熱タイプ

独自のIR(Infrared Radiation: 赤外線)遮へいコートにより、断熱性を付与した透明断熱フィルムです。可視光線透過率を通常の透 明フィルムに近い水準に維持しつつ、目に見えない赤外線域を中心に日射を大幅に吸収することで、日射透過率を約53〜68%に 抑えました。ガラス貼付時の可視光線透過率が70%以上であれば、フロントドアガラスにも利用できます。

光学的性能
  可視光線
透過率
(%)
紫外線
透過率
(%)
日射 遮へい
係数 
反射率
(%)
吸収率
(%)
透過率
(%)
IR-25SD 82 <1 7 24 69 0.88
IR-25HD 86 <1 7 25 68 0.87
UV-25HD※ 89 <1 9 6 85 0.99
PAGE TOP

メタリックタイプ

ファッション性に優れ、また日射を主に反射することで優れた断熱効果を発揮するメタリックフィルムです。フィルム両面への着色により、高級感のある風合いを実現。各種デザインを豊富にラインアップしています。

光学的性能
  可視光線
透過率
(%)
紫外線
透過率
(%)
日射 遮へい
係数 
反射率
(%)
吸収率
(%)
透過率
(%)
SKR-25HD 7 <1 30 64 6 0.34
BZR-25HD 7 <1 27 67 6 0.35
SL18-25HD 18 <1 58 28 14 0.28
IR-25RD 75 <1 25 22 53 0.68

※UV-25HDは、無着色UVカットタイプのため、断熱性能はありません。
上記データは「自動車窓ガラス用フィルム JIS S 3107」に基づき測定した実測値であり、保証値ではありません。
遮へい係数とは、太陽光線の室内への流入熱量をあらわす相対値で、3mmフロート板ガラスを1.00とし、ガラスに各フィルムを貼ったときの数値です。

PAGE TOP
Copyright (C) 2008 THERMOLUX All Rights Reserved.